一般社団法人 アジアフォーラムジャパン トップページへジャンプ


Home > トピックス > 2021年

トピックス

2021年

2021年10月-2021年12月

AFJ定例研究会(2021年10月-2021年12月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2021年10月-2021年12月開催分)

AFJ regular workshops were held on the following topics (October-December 2021).

AFJ定例研究会の写真



第31回: 「サイバーセキュリティ戦略」(9月28日閣議決定)について
“Japan’s “Cybersecurity Strategy” (adopted by the Cabinet on 28 September 2021)”
第32回: ランサムウェア対策国際会議について
“The Counter-Ransomware initiative meeting”
第33回: 西アジア版QUAD外相会談について
“The West Asian 'QUAD' Foreign Ministers’ meeting”
第34回: バイデン大統領の新たな「インド太平洋経済枠組み」提案について
“The Indo-Pacific Economic Framework proposed by President Biden”
第35回: 米国のNSO等禁輸措置について
“United States sanctions against NSO and others”
第36回: 中国共産党六中全会と歴史決議について
“The Chinese Communist Party’s Sixth Plenum and the historical resolution”
第37回: レイモンド商務長官・タイUSTR代表・ニューバーガー大統領副補佐官来日について
“The visit to Japan by Gena M. Raimondo Secretary of Commerce, Katherine Tai United States Trade Representative and Anne Neuberger Deputy Assistant to the President”
第38回: 先端半導体需要政策としての新しい資本主義とデジタル田園都市国家構想
“'The New Capitalism' and 'the Vision for a Digital Garden City Nation' as a policy generating demand for the advanced semiconductors”
第39回: ドイツ新政権誕生と国際政治
“Germany’s new government and the international politics”
第40回: 民主主義サミットについて
“The Summit for Democracy”
第41回: 「輸出管理・人権イニシアチブ」について
“The Export Controls and Human Rights Initiative”
第42回: 「デジタル社会の実現に向けた重点計画」(12月24日閣議決定)について
““Priority Policy Program for Realizing a Digital Society” (adopted by the Cabinet on 24 December 2021)”

ページトップへジャンプ

2021年10月

真柄昭宏専務理事が拓殖大学大学院で講演しました。


真柄昭宏専務理事は、拓殖大学大学院地方政治行政研究科公開授業「拓く力・地方の課題」で、『「コロナ敗戦」とコロナ後の社会』をテーマにオンライン講演しました。

Akihiro Magara, AFJ Executive Vice President, gave an online lecture titled “Defeated by COVID 19 and the post-COVID society” at an open lecture titled “Power of development - Issues at local areas” held by the Graduate School of Local Government, Takushoku University.

真柄昭宏専務理事が拓殖大学大学院で講演の写真

ページトップへジャンプ

2021年10月

AFJはフリーダムワークスとウェブ会議を開催しました。


AFJは、フリーダムワークスとウェブ会議を開催し、中間選挙に向けた情勢や、議会での法案動向について意見交換しました。両機関は今後定期的に意見交換することに合意しました。

AFJ held an online meeting with FreedomWorks and exchanged views on the situation approaching the mid-term elections and bills being prepared in the Congress. Both institutions agreed to regularly exchange views henceforth.

フリーダムワークスとウェブ会議の写真

フリーダムワークスとウェブ会議の写真A

フリーダムワークスとウェブ会議の写真B

ページトップへジャンプ

2021年9月

AFJ定例研究会(2021年9月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2021年9月開催分)

AFJ regular workshops (September 2021)

AFJ定例研究会の写真


第26回: 新大西洋憲章からAUKUS結成へ
“From the New Atlantic Charter to the AUKUS agreement”
第27回: ヘルシンキにおけるミリー・ゲラシモフ会談について
“The Milley-Gerasimov meeting in Helsinki”
第28回: QUAD首脳会談から民主主義サミットへ
“From the QUAD summit to the summit for democracy”
第29回: 中国不動産市場動向と米国金融政策の今後
“Chinese real estate market trends and the future of the US monetary policy”
第30回: ピッツバーグにおける米欧貿易・技術協議会(TTC)について
“The US-EU Trade and Technology Council (TTC) meeting in Pittsburgh”

ページトップへジャンプ

2021年4月-2021年8月

AFJ定例研究会(2021年4月-2021年8月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2021年4月-2021年8月開催分)

AFJ regular workshops (April-August 2021)

AFJ定例研究会の写真



第1回: 共和党は「a multi-ethnic, multi-racial coalition of hard-working Americans」の党になれるか
“Will the Republican Party be able to become a “multi-ethnic, multi-racial coalition of hard-working Americans”?”
第2回: ミッドウェイ・モメント−米国におけるワクチンの大量生産・大量接種と経済楽観論の台頭がもたらす国際政治への影響
“Midway moment ‐ Impact of mass production and mass inoculation of vaccines and the rise of the economic optimism in the US on international politics”
第3回: バイデノミクス−バイデンは「左派のレーガン」か?
“Bidenomics ‐ Is President Biden the “Reagan of the left”?”
第4回: 「No Labels」−プロブレム・ソルバーズ・コーカス支援団体について
““No Labels” ‐ About the organization supporting the Problem Solvers Caucus”
第5回: ロシア防衛産業へのハッカー攻撃と中ロ関係
“Hacker attacks against the Russian defense industry and the China-Russia relationship”
第6回: コロニアルパイプラインハッカー攻撃について
“About the Colonial Pipeline cyber attack”
第7回: バイデンはカーター2.0か?
“Is President Biden the President Carter 2.0?”
第8回: サイバーセキュリティについての大統領令を解読する
“Deciphering the President’s cybersecurity executive order”
第9回: Quincy Institute for Responsible Statecraftについて
“About the Quincy Institute for Responsible Statecraft”
第10回: イスラエル・ベネット・ラピッド新連立政権誕生がもたらす地政学的変化
“Geopolitical changes caused by the birth of the new Bennett-Lapid coalition government of Israel”
第11回: 新大西洋憲章・ワクチンの兵器庫・民主主義サミット構想
“The New Atlantic Charter; the arsenal of vaccines; the summit for democracy”
第12回: 米国2020年国勢調査に基づく選挙区割りと2022年中間選挙
“Redistricting based on the US 2020 census and the 2022 mid-term elections”
第13回: 大国同士の米ロサミット−ゲラシモフ将軍参加の含意
“Great powers US-Russia summit meeting and implications of General Gerasimov’s participation in the meeting”
第14回: 石油価格上昇・ESG投資・米国のロシアからの原油輸入
“Rising oil prices; ESG investing; US’s crude oil import from Russia”
第15回: ニューヨーク市長選民主党予備選における中道派の勝利
“Centrists’ win at the Democratic primary for mayor of New York City”
第16回: 米軍のアフガニスタン撤退とロシア、中国、イラン、パキスタンの反応
“Withdrawal of the US forces from Afghanistan and responses from Russia, China, Iran and Pakistan”
第17回: 米国による中国サイバー攻撃非難声明とペガサス疑惑
“US statement condemning China’s cyber attacks and reported abuse of Pegasus”
第18回: 下院軍事委員会の「REPORT OF THE DEFENSE CRITICAL SUPPLY CHAIN TASK FORCE」を解読する
“Deciphering “Report of the defense critical supply chain task force” by the House Armed Services Committee”
第19回: 中国経済の現状と1990年代初頭の日本経済の教訓
“The current state of the Chinese economy and lessons learned from the Japanese economy in the early 1990s”
第20回: 中間選挙2022に向かうトランプの今−下院テキサス州6区補選の決選投票結果を解読する
“Former President Trump heading for the 2022 mid-term elections ? deciphering the runoff result of the Texas’s 6th district special election”
第21回: インドが開発資金提供したチャバハル港の戦略的価値
“The strategic value of the India-funded Chabahar Port”
第22回: イスラエル−モロッコ関係について
“The Israel-Morocco relationship”
第23回: ジョージ・ソロスの8月14日WSJ寄稿論文「Xi’s Dictatorship Threatens the Chinese State」を解読する
“Deciphering George Soros’s article “Xi’s Dictatorship Threatens the Chinese State” published in WSJ on August 14”
第24回: アフガニスタンからの米軍撤退と米国の中核的な同盟関係へのコミットメントの強化及び中東の地政学的変化
“Withdrawal of the US forces from Afghanistan and strengthening the commitment of the US to key alliances, and geopolitical changes in the Middle East”
第25回: バイデン・ドクトリンは「アメリカ・ファースト・ライト」か?
“Is the Biden Doctrine “America First Lite”?”

ページトップへジャンプ

2021年3月

「修復的正義」専門家のエマニュエル・クレイン博士の2つの論文を掲載します。


エマニュエル・クレイン博士の論文を紹介した画像

エマニュエル・クレイン博士が「修復的正義」(restorative justice)の観点から米中関係と米国国内情勢を分析した2つの論文を掲載します。
クレイン氏によれば、修復的正義には、敵対者間の平和を構築し、個人的および共同で関係を更新するのに役立つ能力があります。メディア、ソーシャルメディア、権威主義体制は、アイデアの操作を通じて分裂を強化することができます。圧倒的な情報の流れは、真実が何であるかをもはや解読できない聴衆にとってその意味を失います。修復的正義は、「外部」情報をサークルの「外部」に残すことを提案しています。修復的正義は過去を扱います。修復的正義の焦点は、罰ではなく、癒しと賠償にあります。修復的正義の期待される利益の1つが報復的正義の放棄です。修復的正義の目的は、その方法をより合意に基づいて参加型にすることにより、罰の社会的統制を民主化することです。修復的正義の目標は、過去の違反・侵害を明るみに出し、明確にし、認知し、被害者のニーズに対応し、説明責任と法の支配の尊重の文化を創造し、制度的責任と可能な改革を概説し、和解の見通しと過去の歴史的対立の減少をもたらすことです。

エマニュエル・クレイン氏はフランスのパリを拠点とし、EFRJ(European Forum for Restorative Justice)のメンバーとして現在「極端な暴力と過激化」に関する作業部会に参加しています。

下記のリンクからご覧いただけます。
Can restorative justice defuse tensions in the strained USA-China relationship?
Reform in the criminal justice system in the US is critical to healing a divided country

We are posting two articles by Dr. Emmanuelle Crane. USA-China relationship and USA’s domestic situation are analysed in these articles. Dr. Crane asserts that restorative justice has the capacity to build peace between antagonists and help to renew relationships ― individually and communally. Media, social media and authoritarian regimes can reinforce divisiveness through manipulation of ideas. The overwhelming flow of information loses its meaning to an audience that can no longer decipher what is the truth. Restorative justice proposes to leave the “outside” information “outside” of the circle.

Restorative justice deals with the past. The focus is on healing and reparation rather than on punishment. One of the expected benefits of the restorative justice is the renunciation of retributive justice. The aim of restorative justice is to democratize the social control of punishment, by making its methods more consensual and participatory. The goals of restorative justice are to unearth, clarify and acknowledge past violations, to respond to victims’ needs, to create a culture of accountability and respect for the rule of law, to outline institutional responsibility and possible reforms, to advance the prospects of reconciliation and reduce historical conflicts.

Dr. Emmanuelle Crane is based in Paris, France. She participates in the “Working Group on Violent Extremism and Restorative Justice” as a member of the European Forum for Restorative Justice (EFRJ).

Her articles are available from the links below:
Can restorative justice defuse tensions in the strained USA-China relationship?
Reform in the criminal justice system in the US is critical to healing a divided country

ページトップへジャンプ

2021年3月

AFJ定例研究会(2021年3月開催分)


AFJ定例研究会を以下のテーマで開催しました。(2021年3月開催分)

AFJの写真

AFJ regular workshops were held on the following topics (March 2021).



第39回: 台湾の国防部長、国家安全局長、大陸委員会主任委員人事について
“Postings of the Minister of National Defense, the Director-General of the National Security Bureau and the Minister of the Mainland Affairs Council of Taiwan”
第40回: 米下院軍事サービス委員会the Defense Critical Supply Chain Task Forceの発足について
“The Defense Critical Supply Chain Task Force formed by the House Armed Services Committee”
第41回: 日米首脳会談・G7サミットに向けた経済安全保障の諸課題
“Various economic security issues towards the Japan-US Summit Meeting and G7 Summit”
第42回: NIST基準の国際標準化をめぐる諸情勢
“Situations surrounding the international standardization of NIST standards”

ページトップへジャンプ